【パリ共同】フランス政府は30日、新型コロナウイルス感染再拡大の深刻化を受け、国内で再び外出制限措置を実施した。パリの人出は大幅に減少し、シャンゼリゼ通りの活気は失われた。少なくとも12月1日まで続ける。可能な場合は在宅勤務を求めるが、3~5月に導入した規制に比べてやや柔軟に対応し、経済活動の落ち込みは前回の半分の15%にとどめたい考えだ。

 パリでは営業が可能な眼鏡店などの照明のほか、継続できる建設工事や通行する車の音で日常の雰囲気は一定程度、保たれた。29日にはパリなどで外出制限に反対する小規模なデモも行われた。