【ニューヨーク共同】新型コロナウイルス流行の影響で今春から来年1月に延期された核拡散防止条約(NPT)再検討会議について、議長を務めるスラウビネン氏(アルゼンチン)は29日までに、再延期が決まったと発表した。来年8月2~27日に開く方向。

 欧米で感染が拡大する中、参加者の社会的距離を保ちつつ、大規模な会議を来年1月にニューヨークの国連本部で開くのは難しく、加盟国に再延期を打診。締め切りとした今月28日までに加盟国から承認を得たとしている。