厚生労働省が30日発表した9月の有効求人倍率(季節調整値)は1・03倍で、1・04倍だった前月から0・01ポイント落ち込んだ。9カ月連続の悪化で、2013年12月以来の水準となった。新型コロナウイルス感染拡大による雇用への影響が依然として続いている。

 総務省が30日発表した9月の完全失業率(季節調整値)は3・0%となり、前月から横ばいだった。男女別の失業率は、男性が前月比0・2ポイント増の3・2%で、女性は0・2ポイント減の2・7%となった。完全失業者数は前年同月比42万人増の210万人だった。