【サラゴサ(スペイン)共同】サッカーのスペイン2部リーグ、サラゴサは2日に元日本代表MF香川真司(31)と双方合意の上での契約解除を発表し、3日にオンライン上で記者会見した香川は「正直望んでいた形ではないし、予期しない別れになったのはすごく心残り」と話した。

 香川は昨季に2年契約でドルトムント(ドイツ)から完全移籍したが、今季はチームが登録できる外国籍選手の2枠から外れていた。今後については「自分の未来について整理している段階」と述べるにとどめた。

 地元メディアによると、香川はスペインでのプレー継続を希望しており、2部のサバデルが獲得に興味を持っている。