花を手に性暴力撲滅を訴えて毎月11日に行われる「フラワーデモ」が3日夜、東京駅近くの広場で緊急開催された。参加者はスピーチで、性暴力被害を巡り「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言した自民党の杉田水脈衆院議員に抗議。「被害者を踏みにじる発言で、とうてい許されない。公の場での謝罪と議員辞職を」との声が上がった。

 性被害当事者らの団体「Spring」代表理事の山本潤さんは「被害者支援を進めなくてはならない国会議員による発言は許されない」と指摘。「力ない人が黙らされ、性暴力は『なかったこと』にされる。被害を信じてもらえなかった人を救える社会に」と述べた。