野上浩太郎農相は3日、東日本大震災で被害を受けた福島県沿岸部を視察した。菅義偉首相が方針決定を急ぐとしている、東京電力福島第1原発の処理水問題に関して「漁業者の努力を妨げることのないよう処理方法、風評被害対策を考える」と述べた。視察終了後、同県浪江町で報道陣の取材に答えた。

 処理水の処分は海洋放出が有力視されているが、除去できない放射性物質トリチウムを含むため漁業者が反対している。

 農相は視察を振り返り「漁業、農業で前向きな話が聞けた一方で、移動中に帰還困難区域を見ると、復興再生まで先は長いと感じた」と話した。