陸上の日本選手権最終日は3日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムなどで行われ、男子110m障害は金井大旺が13秒36、女子100m障害は青木益未が13秒02と、ともに大会タイ記録で2年ぶりに優勝した。男子は高山峻野、女子は寺田明日香の日本記録保持者が2位。

 男子走り高跳びは真野友博が2m30で初優勝した。200mの男子は飯塚翔太が20秒75で4度目の、女子は鶴田玲美が23秒17で初めての優勝。

 女子800mは川田朱夏が初制覇し、1500mとの2冠を狙った田中希実は4位だった。同円盤投げは斎藤真希が20歳未満日本新記録の55m41で2年ぶりに制した。