兵庫県明石市で9月、義母(42)の顔を殴り死亡させたとして傷害致死容疑で送検された少年(18)が、事件前に合成麻薬LSDを使用していたとして明石署は3日、麻薬取締法違反の疑いで少年を再逮捕した。

 再逮捕容疑は9月12~13日未明に、明石市内でLSDを使用した疑い。

 少年は9月13日未明、自宅で義母を素手で複数回殴り、けがを負わせたとして傷害の容疑で逮捕された。義母は死亡し、明石署は傷害致死容疑に切り替え、送検した。

 署によると逮捕時、少年はふらふらした状態で言動が不審だったといい、少年の尿からLSDや大麻の成分が検出された。