東京六大学野球リーグ第3週第1日は3日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、慶大が立大を11―6で下し、開幕3連勝でポイント3とした。早大は法大に2―0で勝ち、ポイント2・5。立大は3戦3敗の同0、昨季優勝の法大は同2。

 慶大は3本塁打など14安打を放った。早大はプロ注目の早川が4安打、無四球でリーグ初完封を飾った。

 2回戦総当たりの今季は勝ち1、引き分け0・5のポイント制で争われる。