来年の東京パラリンピック出場を目指すパワーリフティング男子49キロ級の西崎哲男が3日、京都府城陽市で行われたチャレンジカップ京都で138キロをマークし、自らが持つ日本記録を更新した。43歳の西崎は「目標はクリアできた。冷静に試合を運べた」と話した。

 3回目の試技で136キロを挙げ、2月に樹立した135・5キロの日本記録を更新。4回目の特別試技でさらに2キロ伸ばした。西崎は2016年リオデジャネイロ・パラは54キロ級に出場したが、約1年前に階級転向した。

 女子79キロ級では坂元智香が79キロを挙げて日本記録を更新し、東京パラの最低出場資格基準もクリアした。