政府の観光支援事業「Go To トラベル」の対象に東京発着旅行が追加されて初の週末となった3日、全国各地で、久しぶりの旅行を楽しむ人の姿が見られた。観光客らは新型コロナウイルス感染拡大への不安を口にしつつ「経済を活発にするきっかけになれば」と期待を込めた。

 京都市東山区の世界遺産・清水寺や祇園の花見小路通では写真撮影する人も。東京都の会社員「マスクはずっと着けている」と話した。

 観光客の姿は東京都台東区の浅草寺にも。大阪市の会社員は「東京の感染者が多いのが気になったが、楽しめた。新型コロナと共存しながら経済を活発にするいいきっかけになるのでは」と話した。