3日午前11時25分ごろ、愛知県岡崎市の民家で、この家に住む女性から、同居の孫が刃物で娘を刺したと119番があった。室内で同市の無職稲垣妹真さん(46)が胸などから血を流して倒れているのが見つかり、約1時間半後に病院で死亡が確認された。

 岡崎署によると、孫は妹真さんのおいに当たる男子高校生(16)。通報から約20分後に、現場近くのJR東海道線で線路内に立ち入った男性が電車と接触して死亡する事故があり、同署はこの男性がおいで、妹真さんを刺した後に自殺を図った可能性があるとみて調べている。

 岡崎署などによると、通報した女性は妹真さんの母親。