【ニューデリー共同】インド政府は3日、新型コロナウイルス感染者の死者が10万842人になったと発表した。死者が10万人を超えるのは米国、ブラジルに続いて世界で3カ国目。一方でインド政府は、人口100万人当たりの死者数は米国やブラジルのほか、英国などと比べてもかなり少ないと強調している。

 インドは13億人を超える世界第2位の人口を抱えながら感染拡大が続いており、日々千人を超える死者が出ている。前日からの新規感染確認は9月下旬以降、8万人台の日が多く、10月3日までの感染確認者数は米国に次ぐ計647万3544人に達した。