【ロンドン共同】人気スパイ映画「007」の製作者は2日、11月に予定された最新作の公開を来年4月に延期すると発表した。新型コロナウイルスの世界的流行で、映画館での鑑賞の難しい地域が依然として多い状況を考慮したとみられる。当初は今年4月の公開を予定していたが、11月に延期されていた。今回で2度目の延期となる。

 発表によると最新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」の公開を来年4月2日に延期する。「世界各地の劇場で鑑賞してもらう」のが理由という。日本での公開日は不明。