【ニューヨーク共同】米大リーグ、レイズの筒香嘉智外野手は2日、サンディエゴで5日(日本時間6日)から始まるヤンキースとの地区シリーズに向けて調整した。守備練習では三塁に入ってゴロをさばき、リラックスした表情で打撃練習もこなした。オンライン会見では「相手どうこうより、チームが勝つために全力でプレーしたいだけ」と力強く話した。

 チームは9月下旬から、外部との接触を遮断した「バブル」と呼ばれる環境で生活している。ヤンキースとは今季、10試合を戦い8勝2敗と相性がいい。筒香は「対戦した方がボールも見られるので、初めてよりもちろんいい」と歓迎していた。