【パリ共同】テニスの全仏オープン第6日は2日、パリのローランギャロスで行われ、女子ダブルス2回戦で第7シードの青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組がコルネリア・リステル(スウェーデン)シェルビー・ロジャース(米国)組に6―7、6―2、7―6で逆転勝ちし、16強入りした。

 男子シングルスで4連覇を狙う第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)は3回戦でステファノ・トラバリア(イタリア)にストレート勝ち。全米オープン準優勝のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)も4回戦に進んだ。