ヤクルトにドラフト1位指名された慶大の木沢尚文投手が29日、横浜市の同校グラウンドで小川ゼネラルマネジャー(GM)らから指名あいさつを受け「期待を感じた。結果で恩返ししていきたい」と意気込んだ。

 高津監督が「一緒に頑張ろう」と書き込んだドラフト会議の入場パスを受け取り「教わりにいくという姿勢は違うと思うが、質問もしていきたい」と話した。

 慶大は東京六大学リーグで首位に立ち、11月7日から優勝を懸け早大戦に臨む。来年から本拠地とする神宮球場で、楽天1位指名の早大・早川隆久投手との投げ合いが予想され「神宮で成長させてもらった。優勝したい」と言葉に力を込めた。