信号のない横断歩道での歩行者優先を呼び掛けるため、栃木県警はサンリオの人気キャラクター「マイメロディ」をアンバサダー(大使)に起用、28日に委嘱式を行った。一時停止率の低さから県警が展開している「止まってくれない栃木県からの脱却」運動の一環。県警によると、サンリオのキャラクターと警察がコラボするのは全国で初めてという。

 県庁前の広場で開かれた式典で県警の吉田英生交通部長が委嘱状を手渡すと、マイメロディはガッツポーズで意気込みを見せた。終了後には小学4年生らと手を上げて横断歩道を渡る手順を確認した。11月から1年間イベントなどに登場する。