兵庫県が来年4月に同県豊岡市に開学する県立の「芸術文化観光専門職大」学長に就任する劇作家の平田オリザさん(57)が28日、神戸市内で記者会見し「(新型コロナで大打撃を受けた)観光とエンターテインメント業界の復興を担う人材を育てたい」と意気込みを語った。

 平田さんは「観光業は日本の成長産業だ」との認識を示し、各地域の食や芸術を生かした文化観光の充実が重要になると説明。「文化と観光をつないでコンテンツを開発し、地域を面白くする取り組みを他県に先駆けて進める」と語った。

 新設大学では4年制の芸術文化・観光学部を設置する。23日に文部科学相の設置認可を受けた。