大阪刑務所(堺市堺区)の60代の男性受刑者が、新型コロナウイルスの感染防止対策が不十分だとして、刑務所内で制限のないマスク使用や消毒液設置など環境改善を求める人身保護請求を28日、大阪地裁堺支部に申し立てた。

 請求書などによると、男性は恐喝罪などで懲役8年の判決を受け、2015年に確定。以前に腎移植手術を受けており、コロナに感染すれば重症化する可能性が高い基礎疾患があるとし「生命が重大な危機にさらされている」と主張。

 大阪刑務所では刑務作業場や居室に消毒液を置いておらず、マスクは作業場で使用できるが、居室との移動中は認められていないなどとしている。