週明け26日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=104円台後半で取引された。

 午後5時現在は前週末比19銭円安ドル高の1ドル=104円87~88銭。ユーロは27銭円安ユーロ高の1ユーロ=124円09~13銭。

 朝方はもみ合う展開だったが、中国の中央銀行が対ドル人民元相場の基準値を前週末に比べ元安に設定したことで、円売りドル買いの動きがじりじりと進んだ。欧州での新型コロナウイルスの感染者拡大を受け、ユーロがドルに対して売られたことも円安ドル高の要因となった。