【ワシントン共同】米労働省が2日発表した9月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、失業率は前月から0・5ポイント低下し、7・9%となった。経済活動の再開に伴い5カ月連続で改善したが、長引く新型コロナの影響で依然高い水準が続いている。景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数は66万1千人増加。回復の勢いは弱まった。

 11月の大統領選前に発表される最後の雇用統計で、トランプ政権の評価にも影響を与えそうだ。

 米国では新型コロナが流行した3月以降、わずか2カ月間で約2200万人が失業。失業率は4月に戦後最悪の14・7%を記録した。