トランプ米大統領夫妻が新型コロナ陽性と判明したことを受け、各国首脳は2日、早期回復を願うと相次いで表明した。トランプ氏が11月の大統領選で再選するかどうかは米国の対中政策を左右するだけに、中国は大統領選への影響に強い関心を持っており、国営新華社もニュースを速報した。

 英メディアは、ジョンソン英首相が感染して重症化した経験を踏まえ、高齢のトランプ氏の容体に着目。ガーディアン紙は「米大統領が深刻な命の危険にさらされるのは1981年に銃撃による暗殺未遂にあったレーガン氏以来」と伝えた。

 ロシアのプーチン大統領やドイツのメルケル首相らもメッセージを公表した。