プロ野球阪神が2軍本拠地を兵庫県西宮市の鳴尾浜球場から、同県尼崎市内へ2025年をめどに移転することを検討していることが2日、分かった。場所は阪神大物駅近くの小田南公園。尼崎市によると今後、周辺の住民に対して説明会や誘致に関するアンケートを実施する。阪神電鉄の広報担当は「移転を検討していることは事実です。ただ、まだ何も決まったわけではありません」とコメントした。

 この日、複数の尼崎市議がブログなどでイメージ図などを紹介。メイン球場にサブ球場、選手寮、室内練習場などを備えている。