プロ野球阪神は2日、新型コロナウイルスに感染した浜地真澄投手(22)が兵庫県内の病院を退院したと発表した。今後は同県内のホテルで自室待機する。

 浜地投手は9月24日に軽度の頭痛、倦怠感を球団に申告。兵庫県西宮市内の病院で受けた検査で同日夜に陽性と判定され、25日から入院した。

 浜地投手を含む5選手らの陽性判明が発表された25日以降、球団内ではチームスタッフを含めて計9人の感染が確認されている。