プロ野球西武は2日、管理部門に従事する50代の男性球団職員が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。チーム関係者との接触はなく、チームの今後の予定に変更はない。

 球団によると、9月28日の夜から喉に軽い痛みがあり、29日に発熱。30日に埼玉県内の病院で検査を受け、10月2日に陽性が判明したという。既に熱は下がっているが、当面の間は出勤を見合わせる。保健所の調査では球団内に濃厚接触者はいなかった。