スポーツ庁の室伏広治長官が2日、就任後初めて記者会見し「国民みんなが運動することで健康を保つことが大事。社会に少しでも貢献していくスポーツ界になるように取り組みたい」と述べ、スポーツの価値向上へ尽力することを誓った。

 新型コロナウイルスの影響で延期となった東京五輪・パラリンピックに向けて「安全安心な練習環境を整え、選手の活躍を最大限サポートする」と語り、日本の過去最多のメダル獲得を後押ししたい考えを強調。同じ五輪金メダリストで前任の鈴木大地氏からバトンを受け「土台を引き継ぎ、自分が経験したことを生かしたい」と話した。