かまぼこの製造販売を手掛ける創業約150年の老舗「丸う田代」(神奈川県小田原市)が、自己破産を申請する準備に入ったことが2日、分かった。帝国データバンク横浜支店が発表した。元々の業績不振に、新型コロナウイルス禍による直営店の臨時休業が追い打ちとなった。負債総額は約24億2400万円。

 帝国データバンクによると、2020年の県内の倒産としては、最大の負債総額。丸う田代は1869年に創業。観光土産として知られていたが、近年売り上げが低迷していた。