金融庁は2日、東京証券取引所での1日の株式売買停止を受け、東証と親会社の日本取引所グループ(JPX)に対し、金融商品取引法に基づく報告徴求命令を出した。政府関係者が明らかにした。売買停止に至った原因などを調べる。一方、東証は1日のシステム障害から復旧し、2日の株式全銘柄の売買を正常に終えた。

 この日の東京株式市場の日経平均株価(225種)終値は売買停止前の9月30日と比べ155円安。取引再開を好感し、180円上がる場面があったが、トランプ米大統領の新型コロナウイルス感染が伝わると売られた。