アニメ映画「魔女見習いをさがして」(11月13日公開)の完成報告イベントが東京都内で開かれ、声優を務めた女優の森川葵と松井玲奈、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子が登場した。

 人気を博したアニメ「おジャ魔女どれみ」の20周年を記念した映画。年齢も性格も住んでいる場所も違う3人のヒロインが、運命的な出会いをきっかけに「どれみ」ゆかりの地の飛騨高山、京都、奈良を巡る旅に出掛ける。

 全員がどれみファンで、森川は「映画製作のニュースを聞いて、絶対に見に行こうと思っていた」と明かす。その後、今回の仕事が舞い込み「大好きな作品だけに、私のせいで台無しになったらいけないと、自分にプレッシャーをかけていました」と語った。

 鉄道ファンとしても知られる松井は「(劇中の)新幹線や近鉄の車両、ホームが、リアルで忠実に描かれている。クオリティーが素晴らしくて、どれみ好きとしても鉄道好きとしても大満足」と早口でまくし立てた。

 百田も「マネジャーさんから、どれみちゃんという言葉を聞いただけで、何の仕事かを聞く前に『やりたいです!』と即答しました」と、笑顔で作品愛をアピールした。