J1、G大阪の元日本代表MF遠藤保仁(40)が今季終了までの期限付きでJ2磐田に移籍することが2日、分かった。G大阪のクラブ関係者は交渉を認め「時間をかけずに早めに進めたい」と話した。

 プロ23年目の遠藤は今季、元名古屋のGK楢崎正剛が持っていたJ1最多出場記録(631試合)を7月のC大阪戦で更新。ここまで11試合に出場して記録を641まで伸ばしているが、先発出場は3試合で、世代交代もあって第7節以降の出番はいずれも途中出場となっている。

 今季からJ2の磐田は、第23節を終えて7勝9分け7敗の勝ち点30で12位に低迷している。