漫才トリオ「レツゴー三匹」のメンバーとして活躍したレツゴー正児(れつごー・しょうじ、本名直井正三=なおい・しょうぞう)さんが9月29日午後5時48分、肺炎のため大阪市の病院で死去した。80歳。香川県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻清川(きよかわ)さかえさん。

 高校生の頃から実兄とラジオの演芸番組に出演。故横山やすしさんとの漫才コンビなどを経て、1960年代に結成の「レツゴー三匹」で活躍した。

 故レツゴーじゅんさんと故レツゴー長作さんがそれぞれ「じゅんでーす」「長作でーす」と名乗った後に「三波春夫でございます」と自己紹介するネタで人気を集めた。