日本学術会議の梶田隆章会長は2日、菅義偉首相が新会員候補のうち6人の任命を見送ったことについて、理由を明らかにすることと、改めて6人を任命するよう求める要望書を出すことを総会に提案した。採決は同日夕に行われる見込み。

 梶田会長は総会で「対外的に要望を提出することをお諮りしたい」と述べた。また「要望書を提出して終わりではない。内部的には今後どう対応していくか議論を通して進めたい」と協力を求めた。

 その後記者団に対して「学術会議は政府から独立して学問をベースに発信していく。その基本を変えてはいけない」と強調した。