日本オープン選手権最終日(18日・千葉県紫CCすみれ=7317ヤード、パー70)2位から出た稲森佑貴が2バーディー、1ボギーの69で回り、通算5アンダーの275で逆転優勝した。2018年大会以来2度目の優勝で、ツアー通算も2勝。賞金3150万円と5シーズンのシードを獲得した。

 首位から71と落とした谷原秀人が1打差の2位。さらに1打差の3位に11位から65と追い上げた石川遼、69だった内藤寛太郎が入った。(出場60選手=アマ8、晴れのち曇り、気温17・1度、北北西の風1・7メートル、無観客)