【ワシントン共同】米調査会社ニールセンによると、11月の米大統領選でトランプ大統領と野党民主党のバイデン前副大統領が別々に出演した15日の対話集会のテレビ視聴者数は、バイデン氏が約1410万人で、トランプ氏を約60万人上回った。米主要メディアが16日伝えた。劣勢挽回へより多くの有権者に訴えかけたいトランプ氏に痛手となりそうだ。

 トランプ氏は16日、南部フロリダ、ジョージア両州で集会を開催、バイデン氏も中西部ミシガン州で遊説した。いずれも激戦州で、両陣営とも支持拡大に全力を挙げている。