在日オランダ大使館は16日、ユリの命名式をオンラインで開き、新品種を「kodaira」と名付けた。2018年平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒選手(相沢病院)にちなみ、日本とオランダの懸け橋となる願いを込めた。

 小平選手は14年からスピードスケートが国技とされるオランダへ留学し、飛躍。平昌五輪の1000メートルでも銀メダルを獲得するなど功績をたたえられ「(ユリが)多くの人々の心を温かくし、前に進む勇気を届けてくれる存在になることを願う」とメッセージを送った。自身の名が付いた品種はオレンジ色の鮮やかな花を咲かせる。