札幌市中央区で昨年6月、池田詩梨ちゃん=当時(2)=が死亡した事件で、札幌地裁(石田寿一裁判長)は16日、傷害致死と保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親の交際相手藤原一弥被告(25)に懲役13年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。

 藤原被告は公判で「一切やっていない」と無罪を主張していたが、石田裁判長は判決理由で「暴行したのは被告と考えるのが自然」と退けた。その上で衰弱した詩梨ちゃんを救命しなかったのは保身のためと指摘。「身勝手極まりなく誠にむごく悪質だ」と述べた。