菅義偉首相は16日、日本学術会議の梶田隆章会長と官邸で会談した。梶田氏は同会議が推薦した会員候補6人の任命拒否問題を巡り、理由の説明と6人の速やかな任命を求める要望書を提出。首相は具体的な理由を説明せず、歩み寄りを見せなかった。会議の在り方を巡り政府と会議側で意思疎通を図ることでは合意した。任命拒否発覚後、首相と梶田氏の会談は初。

 会談は梶田氏の申し入れにより約15分間行われた。梶田氏は記者団に「(要望書を)渡したが、それについてお答えはなかった」と明らかにした。首相が繰り返し否定する6人を改めて任命することには「踏み込んだお願いをしていない」と述べた。