米軍と航空自衛隊が空自新田原基地(宮崎県新富町)で予定している日米共同訓練について、防衛省九州防衛局の広瀬律子局長が16日、県庁を訪れ河野俊嗣知事に概要を説明した。米軍の宿泊先を巡って県と対立しており、広瀬氏は改めて基地外宿泊に理解を求めた。

 共同訓練は沖縄の基地負担軽減策の一環。26日から11月5日の日程で米軍嘉手納基地(沖縄県)から約200人が参加する。新田原基地には共同訓練で使う米軍の宿泊施設があるが、防衛省は「基地内で新型コロナウイルス感染者らが出た場合、隔離に利用する」として、宮崎市内のホテルへの宿泊を求めている。