共産党の田村智子政策委員長は16日の記者会見で、菅義偉首相が就任から1カ月を迎えたことに絡み「安倍前内閣の強権政治をさらに発展させている」と批判した。政府が日本学術会議を行政改革の対象として検証することに関しては「『行革だ』と称して『予算を減らすぞ』と言うのはどう喝だ。異論を寄せ付けず、批判を許さないような政権は、打倒するしかない」と強調した。

 立憲民主党の枝野幸男代表は、菅政権を巡り「安倍前政権以上に上から目線だ」と国会内で記者団に語った。国民民主党の玉木雄一郎代表は「スピード感を持ってさまざまな改革に取り組もうとしている姿勢は評価できる」と述べた。