資源エネルギー庁の保坂伸長官は16日、福井県庁を訪れ、杉本達治知事と面談した。「今後、原発を活用する重要性はますます高まる」と述べ、運転開始から40年を超えた関西電力の美浜原発3号機(美浜町)と高浜原発1、2号機(高浜町)を順次再稼働させることが不可欠だと、県の理解と協力を求めた。

 保坂氏は、関電役員らの金品受領問題を巡り、同社内で再発防止策に沿った取り組みが進んでいるとして「国民に信頼される組織に生まれ変わる歩みを着実に進めている」と評価した。

 杉本氏は「国と事業者が、地元の信頼や、安心につながる説明を積み上げる中で、地元理解ができてくる」と応じた。