経営破綻した自動車部品大手タカタの事業を引き継いだジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン(東京)が滋賀県の工場で製造したシートベルトに品質不正があった問題で、赤羽一嘉国土交通相は16日の閣議後記者会見で「使用しても当面問題ないと考えている」との認識を示した。

 赤羽氏は、自動車メーカーが衝突時の乗員保護の基準を確認しているとしつつ、今回の不正の影響に対しては「事実関係を早急に把握して適切に対処する」と話した。

 不正があった工場は彦根製造所(滋賀県彦根市)で、品質が社内基準に満たない製品の数値を書き換えて出荷していた。