政府は16日、経済成長の在り方を策定する「成長戦略会議」の新設を決めた。同日午後に初会合を開く。安倍政権下の未来投資会議を衣替えした。日本商工会議所の三村明夫会頭や、菅義偉首相と関係が近い小西美術工芸社のデービッド・アトキンソン社長ら8人が民間の有識者として参加する。議長は加藤勝信官房長官が務める。

 経済財政諮問会議が示す基本方針に沿って、制度改正など経済成長の方針を具体化させる役割を担う。毎年末に成長戦略の中間とりまとめを示し、6月ごろに正式に内容を固める。

 政府は16日付で未来投資会議を廃止した。これまでの議論は成長戦略会議に引き継ぐ。