【モスクワ共同】ロシアのクラスノフ検事総長が16日、北方領土の国後島を訪問した。複数の島民が共同通信に明らかにした。ロシア政府高官の北方領土入りは、今年8月にジニチェフ非常事態相が国後島を訪問して以来で、菅義偉首相の内閣発足後は初めて。

 捜査機関トップの北方領土訪問は異例で、ロシアは司法権が島に及ぶことを強調し、実効支配をあらためて誇示した形。日本政府は受け入れられないとして反発するとみられる。

 クラスノフ氏は国後島で地元検察当局者や島民と面会する予定。択捉島や色丹島でも訪問の受け入れ準備が進んでいる。