【ワシントン共同】米政治専門チャンネルC―SPANは15日、同局の著名司会者スティーブ・スカリー氏が、トランプ大統領との論争に絡み、ツイッターを乗っ取られたとうそをついたとして無期限停職の処分にしたと発表した。米メディアが報じた。スカリー氏は本来この日開催されるはずだった大統領選の第2回候補者討論会の司会を務める予定だった。

 トランプ氏は10月上旬、スカリー氏が「反トランプ派だ」と主張した。スカリー氏はツイッターでトランプ政権のホワイトハウスで10日だけ広報部長を務めたスカラムチ氏に宛て「反応した方がいいだろうか」と投稿し、論争を呼んだ。