【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比26銭円安ドル高の1ドル=105円37~47銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1702~12ドル、123円36~46銭。

 米景気の回復遅れが懸念され、企業などが資金繰りのため基軸通貨ドルを確保する需要が高まるとの思惑から、ドル買い円売りが優勢となった。