釣り鐘形の黄色い花で、紀伊半島の南部にだけ咲くとされる「キイジョウロウホトトギス」が、和歌山県すさみ町の佐本地区で満開の季節を迎えた。「ジョウロウ」は「上☆(草カンムリに月の右が曷)」の片仮名表記で「貴婦人」の意味があり、地区のあちこちで秋風にそよぐ様子が、訪れる人の目を楽しませている。

 佐本地区は崖に咲いていた自生の花を石垣などに植え替えて増やし、地域おこしに役立ててきた。