【ニューヨーク共同】ユーチューブは15日、トランプ米大統領の支持者の間で広まった陰謀論「Qアノン」対策を強化すると発表した。ヘイトスピーチと嫌がらせの指針を拡充し、陰謀論の関連で、個人や団体への暴力を正当化する動画を禁止する。

 Qアノンは2017年のインターネット匿名掲示板への投稿をきっかけに広まった。民主党の政治家らが悪魔崇拝の闇の政府を形成し、児童買春や人身売買に関わっていると主張。トランプ氏は陰謀から地球を守るため戦っているとしている。

 フェイスブック(FB)も今月上旬、関連のアカウントを全て削除する方針を打ち出している。