【ワシントン共同】11月の米大統領選の民主党候補バイデン前副大統領陣営は15日、副大統領候補ハリス上院議員のスタッフが新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたと発表した。ハリス氏は陰性だったが、18日まで地方遊説を取りやめる。バイデン氏の活動に影響はないとみられる。

 陣営によると14日夜、スタッフの陽性が確認された。バイデン、ハリス両氏は、このスタッフと陽性判定前の2日間、接触していない。ハリス氏は15日からオンラインでの活動に切り替え、19日から対面での選挙活動を再開するとしている。