延長十回引き分け、巨人の優勝マジックは8となった。巨人は1―1の三回に岡本の2点二塁打などで4点を勝ち越し。広島は五回に田中広の2点打と松山の8号2ランで4点差を追い付いた。終盤は互いに救援陣が踏ん張った。